ページ上へ

パチンコ・スロット攻略法詐欺とは

パチンコやスロットなどにおいて、あらかじめ決められた特定の手順を踏むと大当たりが引ける!誰でも簡単にできて稼ぐことができる!といった攻略法の広告を見かけたことはありませんか?もしくはそれを購入したことがある、という方も中にはいらっしゃるでしょうか。

これは新しい投資法だ」とまで謳うようなサイトもあり、非常に高度な研究の上に開発された攻略法であるかのように見えますが、その実は中身も価値もない粗末な情報である場合がほとんどです。本来お金を払う価値もないような適当でなんの根拠もない情報を、あたかも本物の攻略法であるかのように見せかけて高額で売りつける、これはつまるところ詐欺であると言えます。しかし、これを詐欺と立証するのがなかなか難しい、という点が厄介です。

もちろん、中には本当に研究を重ねて生み出された「本物」の攻略法と言うべきものも存在するかもしれません。しかし、それでも「必ず勝てる」だとか「絶対に稼げる」という性質のものはありえません。攻略法で勝てる可能性を高めることはできても、それを100%にすることはできない以上、これらの謳い文句を目にした時点で詐欺だと疑うべきです。

攻略法詐欺への入り口

次に、攻略法詐欺はどのような入口から集客をしているかについてです。パチンコ・スロットの攻略法詐欺は古くからあり、昔ながらの紙媒体広告やダイレクトメールを使って集客をしているところもまだ多いです。しかし今は、独自のWEBサイトを用意し、そこからの流入を狙うのが主流なようです。

定価が異常に高額な攻略法

例えばこういったサイト。電圧を刺激することによって大当たりの確率を上げる、というなんとも無茶苦茶な理論を掲げた攻略法サイトです。元の定価が150,000円というのも、おそらく現在の8,580円という価格がお得に感じるようにするためだけに設定された適当な値段であり、その金額に見合った価値は当然ながらないでしょう。

怪しいパチンコ攻略法サイト

どことなく古臭いデザインのこのサイト、こちらの攻略法価格は2,980円とお手頃に感じるかもしれませんが、役に立たない情報に高いも安いもありません。こちらのサイトには会社概要や特定商取引法に関する表記も当然なく、運営元の実態は不明です。

インターネットとスマホの普及により、昔と比べてWEBサイトは誰にとっても身近な存在となりました。紙媒体やDMは広告を流すにあたって審査に通過しなければならないなど、何かと手間がかかるのに対し、自前のWEBサイトであれば好きな内容を載せることができるのも理由の一つです。そしてこれが誇大広告の助長をしている、という側面もあります。

また、WEBサイトでの集客が詐欺会社にとって都合が良い点は他にもあります。それは会社概要や運営者情報の欄に虚偽の内容を載せることが簡単にできてしまう点です。万が一トラブルに発展しても利用者には本当の連絡先がわからないため、泣き寝入りせざるをえなくなる場合が多いようです。

攻略法を買ってももちろん無駄

お金を払って攻略法を買ったとしても、その先にある結果は目に見えています。
はじめに大当たりを誘発する手順(内容は適当で実際に大当たりにつながることはない)のようなマニュアルを情報として提供されます。場合によってはやり方の研修のようなものを用意して、より信憑性を高めるように巧妙化している業者もいます。

完全に攻略法を本物だと思い込んでいる利用者は、期待に胸を躍らせながらホールへと向かい、さっそくその攻略法を実践します。結果はもちろん、なにも起こりません。攻略法と言われて教えられた手順には、そもそもなんの意味もないのですから当然と言えば当然の結果です。
「当たらないじゃないか!」
中にはここで怒り出す利用者もでてきます。

言葉巧みに誘導する詐欺師

しかし、ここでの業者側の返答は決まっています。それは正しい手順を踏めていないから、つまりあなたのやり方が間違っているせいですよ、といったニュアンスの回答です。業者が用意する攻略手順はそこそこ複雑化されています。これは、こういった言い訳ができるようにするためです。

こうしたやりとりをしていく中で「本当にやり方を間違えてしまっただけかもしれないからもう一度試してみよう」だとか、「台を変えてもう一度試してみよう」といった具合でほとんどの方が再チャレンジするようです。
そうした中で「偶然」大当たりが発生したりすればもう攻略詐欺業者の思う壺です。利用者は完全に攻略法を信じ込んでしまうでしょう。その後また発売される新たな攻略法を買い、同じことを繰り返した結果、最終的に負けて終わるのです。

攻略法詐欺に引っかからないようにするための心得

おいしい話は基本的に詐欺を疑うべき

まず再前提として頭に入れておかなければいけないこととして、「本当に儲かる攻略法など存在しない」ということです。百歩譲って仮に本当にあったとしましょう。果たしてそんな貴重な情報が売りに出されるでしょうか?自分たちで密かに攻略法を使って稼ぐ方が、売りに出すよりもよっぽど確実かつ長く稼げるはずです。売りに出して攻略法が公になってしまえば、たちまちメーカーやホールも対策をしますので、本当に攻略法があったとしてもすぐに使えなくなるはずです。

以上のことからも、本当に稼げる攻略法なんてものは存在しない、ということがわかるかと思います。これさえ事前に理解しておけば本来このようなものに引っかかることはないはずですが、相手は人を騙すことに長けています。ちょっとした欲や焦りから生じた隙を突いて、巧みに入り込んできます。

人は弱っているときに、誰かに頼りたくなるものです。しかし、詐欺師はそれこそを狙って近寄ってきます。人に頼ることは決して悪いことではありませんが、やはりお金の問題はなるべくまず自力解決できる力を身に付けることが大事です。自力解決に向けて動ける限り、思考停止することはありません。思考停止さえしなければ、上記のような簡単な理屈を見落とすこともないはずです。

もしお金を払ってしまったら

裁判という最終手段

攻略情報の購入にお金を払い、それを実践してみたが稼ぐことができなかった。騙されたということに気付いたら、当然お金を取り返したいと考えるはずです。
そのためにできることはいくつかあります。要点(返金を希望することとその理由)を抑えた内容証明の送付が第一です。それと並行して警察への相談もしてみましょう。

それでも解決しない場合は攻略法販売会社を相手どって訴訟を起こすのが一般的な流れです。実際に過去の判例で、この手の攻略法は消費者契約法に違反しているため契約無効とされたケースもあります。「絶対に稼げる」といった文言があれば、そこを突いて裁判で勝つことは可能だということです。

コンテンツ一覧