ページ上へ

料金に関するトラブル

返金によって取り戻せるお金

電話占いの料金相場はおおよそ1分あたり300円程度となっています。通話料は電話占いサイトによって異なりますが、自己負担とフリーダイヤル無料の2パターンがあります。
平均的な鑑定時間は30分程度ですので、1回あたりの利用料金は約9,000円(場合によってはこれに通話料が上乗せ)が目安となります。

電話占いサイトの多くは、新規会員登録特典として1,000~3,000円分ほどのお試しポイントプレゼントを行っているため、うまく利用すれば実質無料で鑑定を受けることが可能です。
店舗型に比べて交通費や移動時間といった負担がない手軽さが人気の要因となっていますが、その料金システムの複雑さから、高額請求トラブルが相次いでいるという事実もあります。
料金に関するトラブル事例や、悪質な電話占いサイトが利用者を高額課金へと陥れる手口を紹介いたします。

そもそも高額な料金設定

高額請求に愕然とする様子

電話占いは従来のような対面型の占いよりも料金設定が高めです。
しかし料金表示は1分あたりの単価となっていることがほとんどであるため、割高であることに気付かない人が多いのです。

たとえば1分300円だった場合の料金は、30分で9,000円、60分で18,000円となります。対面式の占いと比べて料金設定が高くなっていることは明白です。
事前に相談したいことをある程度整理し、なるべく短時間でまとめる必要がありますが、実際占いに頼るほど悩みを抱えている状態でそこまで考慮するのはなかなか難しいのが現実です。

良心的な価格設定をしている優良電話占いサイトで、評判も相性も良い占い師に当たれば、それでも納得できるでしょう。
しかし、現実には電話占いにおける料金トラブルが絶えません。よくあるトラブル事例をご覧ください。

自動延長

多くの電話占いサイトは事前課金によってポイントを購入するシステムとなっていますが、だからと言って鑑定中に保有しているポイントを使い切ってしまったとしても強制終了になることはありません。
ポイントを使いきってしまった上で追加料金が発生した場合には、事後請求を受けることになります。
つまり、保有ポイントを超えての利用については自動で課金が発生する仕組みとなっているのです。
この課金システムを理解せずに長時間利用してしまい、想定外の高額請求へとつながるケースが多発しています。

新規登録で特典ポイントを付与し、無料で利用できると思わせてまずは通話させます。
あとは占い師の巧みな話術で利用者を、時間を忘れてしまうほどに没頭させてしまえば一丁上がり。

それを踏まえて電話占いは、通話時間を意識しながら利用することが大事です。
とはいえ、電話占いの運営側もなるべく通話を長引かせるための策を色々張り巡らせています。
それに、時間を気にしながら占い師の話を聞いていてもきっと心に響くこともないでしょう。
そうなると、そもそも電話占いを利用する意味がなくなってしまいます。

意図的に通信環境を悪くする

一部の悪質な電話占いサイトは、意図的に通信環境を悪くする(そのように見せかける)ことで長時間利用へと持ち込んでいます。
重要な鑑定結果や助言を伝えるタイミングでの通信障害を偽装することにより、多少不満を感じつつも利用者が延長してしまうことを狙っています。

なお、この手の通信不良によるトラブルは、通話料無料で利用できる電話占いサイトで多く見られます。
「通話料は無料だし、多少は仕方ないか…」
と妥協することを見越してのことです。さすがに通信不良の状況で鑑定料も通話料も発生するのでは、利用者からの不満が抑えきれないでしょう。

通話時間の引き延ばし

高額請求へとつながるパターンとして、もっとも多く見られるのがこれです。
通話時間の引き延ばしは、以下のような手法によって行われます。

・「集中する時間が必要」など占術に時間をかける
・鑑定する範囲を広げるように誘導する
・結論を先延ばしにし、ダラダラと話をする(聞く)
・必要以上に不安を煽る

相手のタイプや相談内容によって手法を使い分けます。
例えば不満や愚痴を言いたそうな人に対しては、ひたすら聞き役に徹するところから入ります。
また、恋愛相談をしたい利用者に対し健康の話を持ち出すなど、最初から鑑定範囲を広げるための布石を打ってくるパターンも非常に多いです。

この手の電話占いに在籍している「自称」占い師は、そのいずれもが話術に長けています。
悩みを抱えた素人相手に話を引き延ばすことなど、彼らにしてみれば簡単なことなのです。

時間がかかると説明してくる

「あなたは悪い霊に取り憑かれている。電話越しに除霊することもできるけど、霊が強いと30分ほど時間がかかる」
例えばこのように、始めから長時間の鑑定が必要だと言ってくるケースもあります。

ほかにも、「開運のためには週に1回の鑑定が必要」、といったように頻繁なリピート利用を煽ってくる手法も見られます。
これらはいずれも、料金を膨らませるために言っているだけであり、そのすべてがインチキだと思ってよいでしょう。
電話占いに在籍している占い師の給料体系はそのほとんどが歩合になっているため、通話時間を伸ばす分だけ稼げるわけです。
占い師自身が自発的に通話を引き延ばすように仕向ける、巧妙なシステムとなっています。

長時間鑑定の返金は困難

返金が困難であることを示す男性

電話占いにおける料金トラブルの大半が、占い師による通話の引き延ばしと自動延長による高額請求です。
悪意を持って時間を引き延ばそうとされた場合でも、あらかじめ規約で決められている以上、料金の発生自体に異を唱えることはできません。
そして、電話占いにおいては決まった時間内で鑑定結果が出なかったとしても返金の対象にはなりません。無料で利用できる範囲でなんとか結論を出そうとしても、ほとんどの場合うまくかわされてしまうでしょう。

電話占いは、必ず満足できる鑑定結果が出るものではありません。
想定以上に時間がかかりそうであれば、鑑定結果が出る前でも終了することも頭に入れておく必要があります。
トラブルの絶えない電話占いは、始めから利用しないことを強くおすすめいたします。

コンテンツ一覧